業界・職種別

第二新卒におすすめ転職エージェント15選|目的別に比較

転職エージェント 第二新卒

「第二新卒におすすめの転職エージェントを知りたい。合わせて第二新卒向け転職エージェントそれぞれの特徴・強み・対応地域を知りたい。」

第二新卒のあなたにはこういった悩みはありませんか?

この記事では、転職エージェントMAN編集部が「第二新卒向け転職エージェントの選び方」と「第二新卒におすすめの転職エージェント」を中心に解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

第二新卒におすすめ転職エージェント15選|目的別に比較

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント 転職支援実績No.1
パソナキャリア はじめて転職する第二新卒におすすめ
ワークポート 転職決定人数No.1。提案力に強み
マイナビエージェント 大手マイナビが運営しているので安心
マイナビジョブ20's 第二新卒特化型エージェントおすすめNo.1
ハタラクティブ 正社員就職に強み

リクルートエージェント

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、あらゆる業界・職種の転職ニーズに対応する国内転職支援実績No.1の転職エージェントです。

さらに第二新卒専用のサイトを用意しており、若年層の転職支援にも注力しています。

転職支援実績から基づきた確かな実績であなたの転職をサポートしてくれますので、第二新卒の方は登録必須です。

パソナキャリア

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、総合人材サービスの先駆者として、46万人の転職成功実績。全国28,000社以上(大手・優良企業、外資やベンチャー企業等)と取引実績のある優良転職エージェントです。

誰に対しても、キャリアカウンセリング・応募書類添削・面接対策などの転職支援が親身で丁寧なのがパソナキャリアの特徴。

「はじめての転職で不安...」「女性の気持ちを理解してくれるコンサルタントへ相談したい...」「なにから転職活動すればいいのか分からない...」と悩んでいる第二新卒の方におすすめです

ワークポート

ワークポート

「ワークポート」は、未経験から異業種・異職種へ挑戦したいと考えている第二新卒の方におすすめの転職エージェントです。

未経験者専用サイトを用意しており、未経験OK求人を多数保有。まだまだ若い20代・第二新卒からの未経験分野への挑戦は十分可能です。

「未経験からのITエンジニア」「未経験からのゲーム業界」「未経験からの接客・販売」「未経験からのオフィスワーク」「未経験からの営業」「未経験からのクリエイティブ」を考えている方はワークポートがおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、20代・第二新卒の転職支援を得意としている転職エージェントです。

第二新卒向けの求人として、「営業職」「IT系技術職」「機会・電気系技術職」「建築・土木系技術職」「医薬・医療系職」「販売・サービス系職」「クリエイティブ職」「クリエイティブ職」「企画・管理職」「金融系」があります。

数多くの転職希望者を成功に導いてきた経験のあるキャリアアドバイザーが、あなたの強みやアピールポイントを引き出しながら、希望の企業への転職をサポートしてくれます。

応募書類・面接対策においてもサポートがきめ細かく徹底していてすべての第二新卒の方におすすめの転職エージェントですので、どれに登録すればいいのか迷ったら、まず最初にマイナビエージェントへ登録しておきましょう

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20

「マイナビジョブ20's」は、第二新卒特化型の転職エージェントです。全求人が20代対象のものなので、希望に沿う企業が見つかりやすいです。

さらに、マイナビジョブ20'sでは「職種・業種未経験OK求人」が50%以上となっており、第二新卒向けのエージェントの中では使いやすいエージェントの一つとなります。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

「Spring転職エージェント」は、世界最大の総合人財サービス企業アデコが展開する転職エージェントブランドです。世界60の国と地域に展開し、グローバルでの信頼と実績。

Spring転職エージェントでは、事業の組織体制を「管理部門系」「営業・マーケティング系」「IT・エンジニアリング系」「ライフサイエンス・メディカル系」と、専門職種ごとに構成されています。

コンサルタントが直接企業と求職者を担当する360度式の一気通貫型コンサルティングのスタイルを取っているため、本当にあなたが希望するマッチング精度の高い求人を紹介してくれます。

doda

doda

「doda」は、転職支援実績・取り扱い求人数が日本最大級の大手転職エージェントです。

取り扱う求人数の量がリクルートエージェントとdodaの2強のため、様々な選択肢の中から理想の求人を見つけられます。

年間1万人以上をサポートしている実績もあり、求人情報提供や企業別の面接対策において転職ノウハウ情報が充実しているので、第二新卒向けに安心した転職支援が受けられます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、完全に未経験の第二新卒でも正社員として転職できる求人を取り扱っているエージェントです。

対応地域は、東京・神奈川・埼玉・千葉のみ。

学歴・経歴に不安を抱えている方をメインにサポートしているのが特徴です。利用者の半分以上が、最終学歴大卒以下。ハタラクティブだけが取り扱うレアな独占求人(営業・事務・エンジニア職が中心)を多数保有しています。

リクらく

リクらく

「リクらく」は、20代までの就職・転職サポートに強みを持っている転職・就職エージェントです。8割が未経験!内定率94%。

フリーターやニート・第二新卒・既卒・高卒・中卒から、好条件で年収の高い優良企業の正社員への内定までを徹底的にサポートしてくれます。

20代の転職相談所

20代の転職相談所

「20代の転職相談所」は、第二新卒・20代のための求人・転職支援サービスです。

5,000件以上の正社員限定求人を用意し、第二新卒専門のキャリアコンサルタントが丁寧にあなたと個別カウンセリングを行い、自己分析・転職先のご紹介・転職成功までサポートしてくれます。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

「第二新卒エージェントneo」は、第二新卒専門の就職・転職エージェントです。

就活のプロによるマンツーマンのキャリアカウンセリング、就活力アップセミナーや優良企業のご紹介など、1人あたり平均10時間の手厚いサポートで、あなたの就職活動をトータルでサポート。第二新卒エージェントneoでは、ブラック企業を除外し優良企業のみのご紹介で安心して就活・転職活動ができます。

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒 第二新卒

「ウズキャリ第二新卒」は、既卒・第二新卒・フリーター専門の就職サービスです。第二新卒ナビで就職活動を行った方の83%以上が1社以上の内定を獲得しています。

紹介する企業は、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けており、 全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しているので、事前にブラック企業への入社を防げます。

就職Shop

就職Shop

「就職Shop」は、リクルートが運営するフリーター・既卒・第二新卒に強い就職支援サービスです。

全ての求人において書類選考はないため、履歴書で落とされることはありません。採用ポイントとして、学歴や資格ではなく、人柄ややる気を重視している企業が中心です。

JAIC

JAIC

「JAIC」は、未経験から正社員への就職成功率80.3%を誇る就職支援サービスです。就職講座×面接会を全国各地で展開。就職後の定着率は94.3%と非常に高く、精度の高い求人紹介に定評があります。

第二新卒の転職エージェントの選び方

数多くある第二新卒向け転職エージェントの中から自分に合ったのを選びたいですよね。

新卒で会社に入社してから3年以内に第二新卒として転職することは、どこかで必ず不安がありますし、転職エージェントに登録するのにも勇気がいるので、なかなか一歩前に踏み出せない方がいます。

近年企業は、第二新卒の若手を積極的に採用している傾向があります。第二新卒の強みは、一定のビジネススキルが身についていて、若いため今後において大きく成長できるポテンシャルが高いことです。

今なら、第二新卒を積極採用している企業はたくさんあって転職しやすいので、早めに転職に向けて動いていかないと今後のキャリアにおいて損をしてしまいます。

そこで転職を考えている第二新卒の強い味方となってくれて、おすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントにはそれぞれ得意分野・不得意分野と対応地域がありますので、あなたの目的に応じて第二新卒に強い転職エージェントを選ぶことが大切です。

キャリアアドバイザーによっても「情報量」「キャリアコンサルティング」「求人の提案力」において能力差がありますので、1社のみに登録するのではなく、気になったところがあれば2~3社程度登録して利用してみることをおすすめします

最終的には優秀なキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めることが理想の転職を成功させるための秘訣です。

複数の転職エージェントを利用することにより、紹介してもらえる第二新卒向け求人の幅が広がるだけではなく、希望の転職を効率的に進める上での客観的なアドバイスをもらえます。

一言で第二新卒が転職エージェントを利用すべき理由を挙げると、一人で転職活動するよりも効率的に短期間で転職をすることができて、転職に成功する確率がアップするからです。

  1. キャリア相談
  2. 求人紹介
  3. 履歴書や職務経歴書の添削
  4. 面接対策
  5. 面接の日程調整
  6. 給与交渉

これら全ての業務を、転職エージェントのキャリアアドバイザーがあなたの秘書のようにサポートしてくれますので、普段仕事で忙しくても問題なくスムーズに転職できます。

転職を少しでも考えている第二新卒の方は、転職エージェントを利用するべきです。

さらに転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが書類や面接だけでは伝えきれないあなたの魅力や強みを応募企業に対してPRしてくれて、内定を獲得できるよう後押ししてくれます

第二新卒の転職エージェントを最大限活用するポイント

他の転職希望者との差をつけて、キャリアアドバイザーに広告業界への転職を積極的にサポートしてもらうためにも、転職エージェントを使う際に知っておくべきポイントを下記に5つご紹介します。

転職活動は情報戦です。転職エージェント利用方法に関するちょっとした知識を知っておくだけで、転職成功確率がグッとあがります

ポイント

  • 転職エージェントの流れを必ず事前に理解しておく
  • 転職する意思が固いことを担当者に伝える
  • 2週間に1回は連絡を取る
  • 担当者と合わないと感じた場合は担当変更する
  • 転職成功率をUPするために複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントの流れを必ず事前に理解しておく

最初に当たり前のことになりますが、利用する前には転職エージェントの流れを必ず事前に確認しておきましょう。転職エージェントの流れを理解していないで登録する転職希望者は意外と多く、簡単に流れを理解しているか否かで他人との差がつきます。

例えば、登録後に電話もしくはメールで転職エージェントの担当者から連絡が来ますが、電話でも連絡が来ることを頭の中に入れていないと動揺してしまい正常な対応ができないこともあります。

スケジュール感を持たないで仕事をするよりも、スケジュール感を持って仕事をする方が効率的で成果を出しやすいのと同じように、転職活動においても効率的に企業から内定をもらうためには転職エージェントの流れを理解してスケジュール感を持つことが重要です。

転職エージェントの利用の流れは以下になりますので、頭の中でイメージしておきましょう。

転職エージェントの流れ

  • 転職エージェントに登録する
  • 電話かメールで連絡が来る
  • キャリアカウンセリングを行う
  • 求人を紹介してもらう
  • 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策を行う
  • 企業との面接を行う
  • 内定・入社のサポート

転職する意思が固いことを担当者に伝える

キャリアカウンセリング時に転職する意思が固いと担当者から判断されると、手厚い転職サポートが期待できます。

転職エージェントは、転職希望者であるあなたを企業に転職させて、初めて企業から紹介料として報酬を受け取る成果報酬型のビジネスモデルであるため、できるだけ転職する意思が固く転職に前向きな求職者(転職がすぐに決まりそうな人材)をサポートしたいと考えています

必ずキャリアカウンセリング時の質問で「転職時期はいつ頃をお考えですか?」とされるので、「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答しておきましょう。そうすれば優先的にあなたに良い求人を紹介してくれて転職を手厚くサポートしてくれます。

2週間に1回は連絡を取る

キャリアカウンセリングをした後に何社か求人を紹介されたけれども、希望する求人ではなかったため応募しなかった。その後は転職エージェントから何の連絡もなくなってしまった...という失敗ケースはたくさん見られます。

音信不通にならないためにも、2週間に1回は連絡を取ることをおすすめします。

転職エージェントの担当者だけが求人探しに動くのではなく、自分からも進んで積極的に動いていきましょう。

具体的なメール連絡内容は、希望する最適な求人を紹介してもらえるように「このような求人はありませんか?」など簡単なもので構わないのでメールを送って連絡を途絶えさせないようにしてください。

担当者と合わないと感じた場合は担当変更する

転職活動は主に転職エージェントの担当者とともに進めていくわけですから、担当者との相性はとても重要です。

しかしお互い人間ですので、どうしても担当者と合わないと感じてしまう場合も出てきてしまう可能性も少なからずあります。

合わないと感じた場合は、すぐに担当者の変更をしましょう。どうしても言いにくい場合は、別の転職エージェントを利用してください。

転職はあなたの今後のキャリアを左右されるので、「途中で変更するのは何だか申し訳ない...」などと転職エージェントに対して情をうつしてはいけないのです。

転職成功率をUPするために複数の転職エージェントに登録する

担当となるキャリアアドバイザーのキャリアコンサルティング力や転職成功者数の実績は、本当に1人1人異なります。

優秀なキャリアアドバイザーもいれば、残念ながら最悪なキャリアアドバイザーもいるのが事実です。

優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらい転職成功率をUPするための方法ですが、複数の転職エージェントに登録して、その中からキャリアカウンセリングを通して優秀なキャリアアドバイザーを選択するに限ります

しかしあまり多くの転職エージェントに登録してしまうと逆にスケジュール調整等のやり取りに時間がかかってしまいますので、2社から4社程度がベストな登録社数です。

第二新卒が転職エージェントで上手くいかなかった時の残りの全手段

第二新卒が転職エージェントに登録しても希望の求人を紹介してもらえなかったり、登録時の経歴を見て転職市場価値が低いと転職エージェントから判断されてしまうと面談さえもしてもらえないこともあります。

第二新卒が転職エージェントで上手くいかなかった時の手段ですが、まずは1社だけではなく、複数の転職エージェントに登録しましょう

転職エージェントによっては特徴も紹介してもらえる求人も全然違うので、何社かに登録してみれば相性のいい転職エージェントに出会えるはずです。

何社かに登録して利用してみたけど、なかなか良い求人を紹介してもらえなかったり、全く転職できそうな感じがしない場合は転職サイトを利用しましょう。

転職サイトはたくさんありますが、中でもおすすめなのが王道ではありますが幅広い業種と職種の求人情報をカバーしている「リクナビNEXT」と「ミイダス」です。応募可能求人数がとにかく多いですし、面談確約オファーが届くのでとりあえず登録して待っているだけで大丈夫です。

「転職エージェントを使ってもダメで、転職サイトを使ってもダメで、何をしても上手くいかない。」なんてこともありますが、その場合だと今が転職のタイミングではないのです。

とにかく今の仕事で活躍できるように工夫して頑張ってみてください。今の仕事を一生懸命に頑張れば、別のキャリアの景色が見えてきて、新しいキャリアを切り開けることもあるので、とにかく今頑張りましょう。

まとめ

企業の採用担当者は第二新卒を採用する際のポイントとして、今までの経歴・実績よりも「今後の活躍の可能性(ポテンシャル)」「やる気」を重視しています。

そのため新卒の就職活動ではうまくいかなかった大手有名企業への就職や、希望の仕事へのキャリアチェンジが十分可能です。

しかし最初から転職するのを諦めている方は多いです。「自分なんか転職できるわけない...」と諦めているままですと、給料や役職も上がらずにずっと今の会社で同じ仕事のままとなってしまいます。

不安な気持ちはすごくわかりますが、転職であなたが求める「年収アップ」「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」ができるのに、何も行動しないのは本当にもったいないことです

ぜひ一歩前に踏み出して、希望の転職を実現させましょう。

あなたが理想とする転職が実現できることを心から応援しています。

  • この記事を書いた人

転職エージェントMAN編集部 / 久保直之

転職エージェントMANでは、理想の転職を実現するために「転職エージェントの最適な選び方」や「本当に利用すべきおすすめの転職エージェント・転職サイト」をお伝えしています。

人気記事

転職エージェントとは 1

転職初心者の方向けに、「転職エージェントを利用するとどんなサービスを提供してくれるのか?」について解説しています。 1から転職エージェントを理解して、上手に使いこなして転職を成功させましょう。 転職エ ...

転職エージェント 20代 2

転職したいけれども、具体的に何をすればいいのかわからない...。どの転職エージェントが20代におすすめなのかわからない...。転職エージェントがありすぎて、結局どれに登録すればいいのかわからない... ...

転職エージェント 30代 3

「キャリアアップ転職や年収アップ転職を成功させるために、30代におすすめの転職エージェントを知りたい。どのように転職エージェントを選べばいいの?」と悩んでいませんか? 30代の転職は人生の一大イベント ...

転職エージェント IT 4

「どのIT転職エージェントを選べばいいのかわからない...」「どの転職エージェントがITに強くておすすめなの?」と悩んでいませんか? IT業界の転職といっても、あなたの職種(営業・コンサルタント、エン ...

-業界・職種別