評判・口コミ

マスメディアンの評判|利用者の口コミを検証した結果

更新日:

マスメディアン logo

「マスメディアン」に登録すべきかどうかをお悩みではありませんか?

この記事では、マスメディアンに登録するべきかどうか悩んでいる方向けに、マスメディアンを利用した方の評判・口コミ情報と、あなたが本当にマスメディアンに登録すべきかどうかをお伝えしています。

この記事でお伝えすること

  • マスメディアンの評判・口コミ
  • 登録から転職成功までの流れ
  • 最大限活用するためのポイント

▼転職サポート申込(無料)はこちら▼

マスメディアンの総評

マスメディアン

マスメディアンの会社概要

  • 会社名:株式会社マスメディアン
  • 設立:2001年12月
  • 資本金:5,000万円
  • 本社所在地:東京都港区南青山3-11-13 新青山東急ビル9階

マスメディアンは、宣伝会議グループが運営している広告・Web・マスコミ業界特化型の転職エージェントです。

広告・Web・マスコミの求人数・転職支援実績が業界トップクラスで、宣伝部・広報部、クリエイター(デザイン・CM・コピー・Web)、広告会社、制作会社など大手・優良企業の求人を多数紹介してくれます。

宣伝会議のグループ力を駆使した人脈・情報・ネットワークを強みとしてあなたの転職をサポートしてくれますので、広告・Web・マスコミ業界の人におすすめの転職エージェントです。

こんな方におすすめ

  • 広告・Web・マスコミ業界の方

▼転職サポート申込(無料)はこちら▼

マスメディアンの評判・口コミ

マスメディアンの評判・口コミまとめ

  • ◯「広告・マスコミ業界に強い」
  • ◯「宣伝会議グループなので安心感がある」
  • ×「広告・マスコミ業界以外への転職には向いていない」

◯「広告・マスコミ業界に強い」

広告営業・20代・男性・年収600万台
おすすめ度:★★★★☆ 4.5

同じ広告業界の営業職として転職したいと思い、宣伝会議グループの広告業界に強いマスメディアンを利用することにしました。

結果、新卒時には入社できなかった大手広告会社の営業職として転職が決まり満足しています。

転職エージェントMAN編集部
マスメディアンには4万人を超える転職支援実績から培った転職ノウハウを強みとして、広告業界・web業界・マスコミ業界への転職を強力にサポートしてくれます。

広告業界内での知名度も高く、登録しておくべき転職エージェントです。

マスメディアン 広告業界

◯「宣伝会議グループなので安心感がある」

マーケティング・30代・男性・年収600万台
おすすめ度:★★★★★ 5.0

広告・マスコミ業界への転職における求人数や業界知識が豊富で、さすが宣伝会議グループだと感じました。キャリア相談・履歴書・職務経歴書といった転職サポートにも安心感があります。

転職エージェントMAN編集部
マスメディアンは、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行する宣伝会議のグループ会社です。

宣伝会議の豊富なネットワーク力を活かした求人紹介をしてくれます。

マスメディアン 宣伝会議

×「広告・マスコミ業界以外への転職には向いていない」

営業・30代・男性・年収400万台
おすすめ度:★☆☆☆☆ 1.0

広告業界から異業界への転職も考えていたのですが、希望する求人が見つかりませんでした。

転職エージェントMAN編集部
マスメディアンは、広告・Web・マスコミ業界専門となりますので、それ以外の業界への転職を考えている人にはおすすめできません。

未経験から広告・Web・マスコミ業界への転職には対応しています。

▼転職サポート申込(無料)はこちら▼

マスメディアンの特徴・得意な分野

マスメディアンの特徴・得意な分野

  • 宣伝会議グループが運営。広告・Web・マスコミ特化型の転職エージェント
  • 4万人超の転職支援実績
  • 東京・大阪・名古屋・福岡・金沢で面談可能

マスメディアンの特徴1:宣伝会議グループが運営。広告・Web・マスコミ特化型の転職エージェント

マスメディアンは、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社が運営する転職エージェントです。

広告・Web・マスコミ職種の中では、最大規模の求人数。

最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)が増加しています。

マスメディアン 広告・Web・マスコミ

マスメディアンの特徴2:4万人超の転職支援実績

マスメディアンは、広告・Web・マスコミ職種を専門に、4万人を超える転職支援実績を誇ります。

ディレクター、クリエイティブディレクター、企画・マーケティング、営業・プロデューサー、編集・ライター、コピーライター、Webプロデューサー、Webディレクター、マークアップエンジニア、Webプランナー、データアナリスト、グラフィックデザイナー、UIデザイナー・Webデザイナー、アートディレクターの求人が多いです。

インハウス求人では、宣伝、広報・IR、インハウスマーケティング、販売促進、Web担当・EC担当、インハウスコピーライター、インハウスデザイナーを保有しています。

マスメディアンの特徴3:東京・大阪・名古屋・福岡・金沢で面談可能

マスメディアンは全国求人をカバーしていて、東京・大阪・名古屋・福岡・金沢で面談可能です。

マスメディアン 面談

東京本社

東京都港区南青山3-11-13新青山東急ビル9階

関西本部(大阪)

大阪府大阪市北区堂島2-1-31京阪堂島ビル5階

中部本部(名古屋)

愛知県名古屋市東区東桜1-13-3NHK名古屋放送センタービル6階

九州本部(福岡)

福岡県福岡市中央区天神2-14-8福岡天神センタービル7階

北陸本部(金沢)

石川県金沢市本町1-5-2リファーレ10階

▼転職サポート申込(無料)はこちら▼

マスメディアンの得意な年代と年収層

年代と年収層 マスメディアン
20代
30代
40代~
400万円未満
~700万円
~1000万円
1000万円以上

マスメディアンの得意な職種

職種
営業・プロデューサー
媒体
企画・マーケティング
クリエイティブディレクター
コピーライター
アートディレクター・デザイナー
CM・映像
Webマーケティング
Webクリエイティブ
Webプロデューサー
Webディレクター
UIデザイナー・Webデザイナー
Web編集・ライター
アシスタント・事務
出版・新聞・放送
編集・ライター
インハウス

▼転職サポート申込(無料)はこちら▼

マスメディアンの登録から利用の流れ

転職エージェントMAN編集部
転職エージェントをスムーズに利用するためにも、転職エージェントの登録〜転職成功までの流れを理解しておきましょう。

具体的なサービス利用の流れは以下になります。

転職エージェント利用の流れ

  1. 公式サイトから60秒で登録する
  2. 面談の日程調整
  3. 「対面 or 電話」で担当キャリアアドバイザーとの面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類選考に応募する
  6. 企業との面接
  7. 内定獲得・転職成功

step
1
公式サイトから60秒で登録する

公式サイトから登録します。抜け漏れなく丁寧に情報を入力しましょう。

紹介してもらう求人の幅を広げたり、複数のキャリアアドバイザーから客観的な意見をもらって納得のいく転職をするために2社以上の転職エージェントに登録するのをおすすめします。

転職エージェントによってはサポートの特徴や取り扱う求人、キャリアアドバイザーの転職に関するアドバイス内容がそれぞれ異なります。

一人のキャリアアドバイザーに頼って、アドバイスを全て鵜呑みにするのではなく、何人かのキャリアアドバイザーに頼りながら転職活動を進めていくのが納得のいく転職を成功させるためのコツです。

【当サイト(転職エージェントMAN)から登録の多いおすすめの転職エージェント】

step
2
面談の日程調整

登録してから約3営業日以内に電話もしくはメールにて面談の日程調整に関する連絡がきます。キャリアアドバイザーは一人で複数人の転職希望者をサポートしており人気の優良求人はすぐに応募枠が埋まってしまうので、面談の日程はなるべく早めに設定して転職サポートしてもらうのがおすすめです。

step
3
対面 or 電話で担当キャリアアドバイザーとの面談

担当キャリアアドバイザーと直接会って、もしくは電話にて、あなたの転職に対する希望条件・職歴に関するヒアリングが実施されます。

転職エージェントMAN編集部
面談前に職務経歴書を送付しておくと、面談がスムーズにいきます。転職に対する希望条件(職種/業界・年収/給料・エリア・その他希望条件)も自分の中でシミュレーションしておきましょう。

step
4
求人を紹介してもらう

面談内容をもとに、求人を提案してくれます。登録者のみに紹介してくれる非公開求人や企業情報もあります。

転職エージェントMAN編集部
積極的に担当キャリアアドバイザーから転職サポートをしてもらい優良求人を紹介してもらうためには、あなたが自身が「転職市場価値の高い人材=転職意欲が高い人材=すぐに転職できる人材」だと思われることが大切です。

あなたの自己PR・得意分野・保有スキルを伝えると同時に、「自分に合ういい企業があれば、すぐにでも転職したいです。」とアピールしましょう。

「この人はすぐに転職できそう。」と担当キャリアアドバイザーに思われることができれば、手厚く転職サポートしてくれて積極的に魅力的な求人を提案してくれますよ。

step
5
書類選考に応募する

気になる求人があれば書類選考に応募します。応募書類である履歴書と職務経歴書は担当のキャリアアドバイザーが書類通過しやすいようにカスタマイズ添削してくれるので、積極的に担当のキャリアアドバイザーを頼って賢くを使いましょう。

優秀なキャリアアドバイザーはあなたの魅力を推薦状で上手くPRしてくれるので書類選考に通過する確率が一人で応募するよりもアップします。

step
6
企業との面接

書類選考に通過したら、次は企業との面接です。面接日程の調整は転職エージェントが代行してくれます。希望があれば転職エージェントでは面接対策もしてくれますので気軽に相談しましょう。

step
7
内定獲得・転職成功

内定獲得・転職成功おめでとうございます。

内定後も担当のキャリアアドバイザーが年収交渉であったり、入社日交渉を代行してくれるので安心です。

転職エージェントMAN編集部
転職成功するためのコツは、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーがどれだけ積極的かつ協力的に動いてくれるかです。

あなたのことを転職市場価値が高く、すぐに転職できそうと判断してもらえれば、魅力的な好条件の求人を紹介してくれたり、企業にあなたの魅力を上手く伝えてくれるからです。

逆に転職が難しそうと判断されると、求人を積極的に紹介してくれなかったりレスポンスも遅くなったりしますので、その場合は他の転職エージェントを利用したり、転職エージェントに対する自己PRを改善したりしていきましょう。

マスメディアンの活用ポイント

転職エージェントを最大限活用するためのポイント

  1. 転職エージェント利用の流れを理解しよう
  2. 転職意欲があり、いい企業があればすぐにでも転職したいと伝えよう
  3. 転職の希望条件(年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件)を明確に伝えよう
  4. 転職のキャリア面談をした後も2週間に1回は連絡を取ろう
  5. 転職がなかなか決まらなかったり、担当者が微妙な場合は「担当者 or 転職エージェント」を変更しよう

転職エージェントのビジネスモデルは、転職エージェントがサポートした求職者が転職に成功して、企業側から紹介手数料を受け取る成果報酬型のビジネスモデルとなります。

  1. 求職者が転職エージェントに登録
  2. 転職エージェントが求職者を転職サポート
  3. 求職者が企業に転職成功(※この時点ではじめて転職エージェントは企業から成果報酬として紹介手数料を受け取れます。)
転職エージェントMAN編集部
つまり求職者が転職に成功できないと、転職エージェントには売り上げが1円も入りません。

転職エージェント側の裏事情として「転職意欲がある人材」「転職がすぐに決まりそうな人材」「転職市場価値の高い人材」を転職サポートしたいと考えています。

そのためあなたは、登録した転職エージェントのキャリアアドバイザーから高評価をもらって積極的に転職サポートしてもらう必要があるのです。

転職エージェントから高評価をもらえる使い方を解説していきますので、転職エージェントに登録・面談を行う前に必ずチェックしておいてください。

転職活動は情報戦です。

転職エージェントの使い方に関する知識を知っておくだけで、転職エージェントから高評価もらって手厚くサポートしてもらえるようになるので転職成功確率がグッとあがります。

①転職エージェント利用の流れを理解しよう

最初に当たり前ではありますが、転職エージェントを利用する前には転職エージェントの流れを必ず確認しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 担当から電話かメールで連絡が来る
  3. キャリアカウンセリングを行う
  4. 求人を紹介してもらう
  5. 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策を行う
  6. 企業との面接を行う
  7. 内定・入社のサポート

転職エージェントの流れをあまり理解していないで登録する転職希望者は意外と多く、簡単に流れを理解しているか否かで他人との差がつきます。

例えば、登録後に電話もしくはメールで転職エージェントの担当者から連絡が来ますが、電話でも連絡が来ることを頭の中に入れていないと動揺してしまい正常な対応ができないこともあります。

電話の折り返しが遅かったり、電話に出ないままでいると、転職意欲がないと思われてしまいあなたの転職サポートが後回しにされてしまいますので注意してください。

転職活動において効率的に企業から内定をもらうためには、転職エージェントの流れを理解してスケジュール感を持つことが重要です。

②転職意欲があり、いい企業があればすぐにでも転職したいと伝えよう

転職エージェントに登録した後に、電話もしくはキャリア面談時に「転職時期はいつ頃をお考えですか?」を必ず質問されます。

転職エージェントMAN編集部
この質問に対して、「すぐにでも転職をしたい。」と回答するのがベストです。

「半年後から1年後くらいに転職したい。」と回答してしまうと転職サポートが後回しになってしまうので、「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答するようにしましょう。

あなたの転職する意思が固かったり、転職希望時期が早ければ早いほど転職エージェントのキャリアアドバイザーから手厚い転職サポートが期待できます。

先ほどもお伝えしましたが、転職エージェントは転職希望者であるあなたを企業に転職させて、はじめて企業から紹介料として報酬を受け取る成果報酬型のビジネスモデルであるため、できるだけ転職する意思が固く転職に前向きな求職者(転職がすぐに決まりそうな人材)をサポートしたいと考えているからです。

「すぐにでも転職をしたい」「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答おけば、優先的にあなたに良い求人を紹介してくれて転職を手厚くサポートしてくれるでしょう。

③転職の希望条件(年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件)を明確に伝えよう

転職エージェントとの面談時には、あなたが希望する求人を的確に提案してもらうためにも転職を検討する上で大きなポイントである年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件を明確に伝えてください。

  • 年収/給料
  • 業界/職種
  • 勤務地
  • こだわり条件

この4つの希望を最初に伝えておけば、そこまで的外れな求人を紹介されることはありません。

また、面談時にあなたの強みであるスキルや経験に加えて、弱みも伝えておけば、あなたが活躍できる企業の求人案件を紹介してもらえます。

④転職のキャリア面談をした後も2週間に1回は連絡を取ろう

キャリアカウンセリングをした後に何社か求人を紹介されたけれども、希望する求人ではなかったため応募しなかった。その後は転職エージェントから何の連絡もなくなってしまった...という転職失敗ケースはたくさん見られます。

音信不通にならないためにも、2週間に1回はメールで構いませんので連絡を取ることをおすすめします。転職エージェントの担当者だけが求人探しに動くのではなく、自分からも進んで積極的に動いていきましょう。

以下のメールをそのまま送って構いませんので、転職エージェントのキャリアアドバイザーとの連絡を途絶えさせないようにしてください。

株式会社〇〇
〇〇様

お世話になります。〇〇です。

先日はキャリア面談にて貴重なお時間ありがとうございました。

キャリア面談にてお伝えさせていただいた通り、
・年収/給料
・業界/職種
・勤務地
・こだわり条件

の条件に当てはまる求人企業をご紹介いただければ、積極的に企業様へ求人応募し転職活動したいと考えております。

大変お手数をおかけしますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

メールを送っても返信メールが来ないことがあります。

その場合は、あなたが担当のキャリアアドバイザーからあまりいい印象を持たれていないことがほとんどで、メールを待っていて期待してもいい求人を紹介してくれることはありませんので、別の転職エージェントに切り替えましょう。

⑤転職がなかなか決まらなかったり、担当者が微妙な場合は転職エージェントを変更しよう

転職エージェントに相談してから1~2ヶ月たったのに転職活動がなかなか進まなかったり、登録した転職エージェントの担当者が微妙な場合は転職エージェントを変更しましょう。

転職エージェントMAN編集部
転職に成功できるかどうかは、「担当者の提案力・サポート力」と「あなたと担当者との相性」がとても重要になってきます。

担当者の力量次第で転職が上手くいくかどうかが変わってきたりもするので、2~3社の転職エージェントを利用してみてあなたが優秀だと思えるキャリアアドバイザーに担当となってもらうのをおすすめします。

キャリアアドバイザーの中にはあなたのキャリアを考えないで無理やり強引に転職を勧めてくるキャリアアドバイザーもいますので、面談中には「一旦検討します。」と伝えて、他の転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職はあなたの今後のキャリアを左右されるので、「途中で変更するのは何だか申し訳ない...」などと転職エージェントに対して情をうつしてはいけないのです。

担当となるキャリアアドバイザーのキャリアコンサルティング力や転職成功者数の実績は、本当に1人1人異なります。

優秀なキャリアアドバイザーもいれば、残念ながら最悪なキャリアアドバイザーもいるのが事実です。

優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらい転職を成功させる方法ですが、複数の転職エージェントに登録して、その中からキャリアカウンセリングを通して優秀なキャリアアドバイザーを選択することです。

マスメディアンと併用すべきおすすめ転職エージェント

マスメディアンは広告業界におすすめの転職エージェントですが、マスメディアン担当者との相性の良し悪しがあるデメリットがあるため1社だけを利用して転職活動していくのはおすすめしません。

納得のいく転職を成功させるためには、複数の転職エージェントに登録してから複数のキャリアアドバイザーと面談を行い転職を進めていくのが重要です。

キャリアアドバイザーによって転職アドバイスは異なりますし、紹介してもらえる求人が異なるからです。一人の担当者にサポートしてもらうのではなく、複数の担当者にサポートしてもらいアドバイスをしてもらえた方が客観的に自分自身を見つめ直すことができて、あなたへの転職支援体制が万全になります。

さらにあなたのことを高く評価してくれるキャリアアドバイザーに出会えれば企業に対してあなたという人材を積極的にアピールしてくれるので転職が決まりやすくなります。

転職を効率的に成功させたいのであれば、マスメディアンと一緒に以下の転職エージェントにも2社ほど登録しておきましょう。

【広告業界におすすめの転職エージェント】

関連記事広告業界・広告代理店に転職するなら|おすすめ転職エージェント11選

注意ポイント

ネット上にはたくさん転職エージェントの評判・口コミ情報がありますが、正直なところあなたが納得のいく転職をできるかどうかは担当キャリアアドバイザーの能力次第といった部分も大きいです。

しかし担当キャリアアドバイザー一人一人の評判・口コミ情報はネット上にほとんどないので、あなたが実際に転職エージェントに登録して利用してみるしか方法はありません。

複数の転職エージェントと直接面談してみるのが、納得のいく転職を実現するための成功の秘訣です。

マスメディアンの評判・口コミまとめ

マスメディアンは広告業界・マスコミ業界へ転職したい人にはおすすめの転職エージェントです。それ以外の業界への転職には向いていません。

「広告・Web・マスコミ業界の経験者」や「一般企業(事業会社)の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の経験者」の転職支援に強いです。

マスメディアンでは求人紹介だけではなく、広告・Web・マスコミ業界へ転職する時の悩みや疑問なども幅広く相談に乗ってくれます。

  • 「はじめての転職なので、何から始めればいいかわからない」
  • 「未経験の業界に転職するにはどうアピールすればいいか?」
  • 「自分の市場価値はどのくらいか?想定年収を知りたい。」

このようなキャリアに関する悩みに対しても話を聞いてくれて、最適なアドバイスをしてくれます。

マスメディアンのまとめ

マスメディアンの評判・口コミまとめ

  • ◯「広告・マスコミ業界に強い」
  • ◯「宣伝会議グループなので安心感がある」
  • ×「広告・マスコミ業界以外への転職には向いていない」

マスメディアンがおすすめな方

  • 広告・Web・マスコミ業界の方

転職するかどうか悩んだら、まずは今後のキャリア形成の仕方の相談も兼ねて面談してみてはいかがでしょうか。もちろん転職の強要はされませんので、安心して相談できます。

あなたが理想とする転職が実現できることを心から応援しています。

▼転職サポート申込(無料)はこちら▼

人気記事

1

転職初心者の方向けに、「転職エージェントを利用するとどんなサービスを提供してくれるのか?」について解説しています。 1から転職エージェントを理解して、上手に使いこなして転職を成功させましょう。 すぐに ...

2

転職したいけれども、具体的に何をすればいいのかわからない...。どの転職エージェントが20代におすすめなのかわからない...。転職エージェントがありすぎて、結局どれに登録すればいいのかわからない... ...

3

「キャリアアップ転職や年収アップ転職を成功させるために、30代におすすめの転職エージェントを知りたい。どのように転職エージェントを選べばいいの?」といったことで悩んでいませんか。 転職エージェントMA ...

4

「どのIT転職エージェントを選べばいいのかわからない...」「どの転職エージェントがITに強くておすすめなの?」と悩んでいませんか? IT業界の転職といっても、あなたの職種(営業・コンサルタント、エン ...

-評判・口コミ

Copyright© 転職エージェントMAN , 2019 All Rights Reserved.