評判・口コミ

リクルートエージェントの評判/口コミを検証した結果

更新日:

r-agent-logo

こんにちは、転職エージェントMAN編集部です。

「リクルートエージェント」に登録すべきかどうかをお悩みではありませんか?

この記事では、実際に転職エージェント業界から見たリクルートエージェントの「特徴」「得意な分野」「メリットに関する評判・口コミ」「デメリットに関する評判・口コミ」を中心に解説していますのでぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントの会社概要

  • 会社名:株式会社リクルートキャリア
  • 設立:1977年11月28日
  • 取扱高:1,126億7,300万円(2016年3月期)
  • 従業員数:3,508名(2017年4月1日時点)
  • 本社所在地:東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー

▼転職サポート申し込み(無料)はこちら▼

リクルートエージェントは全ての方におすすめ

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントで転職成功実績No.1

業界トップクラス100,000件以上の求人数を保有しているので、他の転職エージェントと比べるとより多くの求人を紹介してくれます。

転職するならリクルートと言われるくらい有名で利用者からの満足度が高く、あらゆる業界・職種の転職ニーズに対応している点も評価が高いポイントの一つ。

全国に面談拠点を構えているので主要都市圏の方だけではなく地方在住の方も利用可能となっています。

リクルートエージェントは転職ノウハウの情報量が多いに加えて、転職成功実績No.1のノウハウに裏付けされてキャリアアドバイザ一人一人の質も総じて高いので、転職を考えている全ての方におすすめの転職エージェントです。

こんな方におすすめ

  • 転職初心者の方
  • 20代後半から30代後半の方(※25歳から40歳の方)
  • 年収400万円から年収700万円の方
  • 豊富な求人の中から最適な転職先を見つけたい方
  • 書類対策・面接対策を手厚くサポートしてもらい、確実に採用を勝ち取りたい方

▼転職サポート申し込み(無料)はこちら▼

リクルートエージェントのメリットに関する評判・口コミ

リクルートエージェントのメリットに関する評判・口コミは主に下記の3つです。

メリット

  • ◯「求人数が多く、幅広く紹介してくれる」
  • ◯「年収アップが実現できた」
  • ◯「企業の情報提供と面接対策のサポートが手厚い」

これらのメリットに関する評判・口コミについて、公表データ・調査データを見ながら転職エージェントMAN編集部が客観的に1つ1つ解説していきます。

◯「求人数が多く、幅広く紹介してくれる」

営業職・20代後半・男性・年収400万台
おすすめ度:★★★★★ 4.5

サイト上には公開求人が多数掲載されていますが、それ以外でサイト上には掲載されていない非公開求人の量も非常に多いです。キャリア面談時に求人の希望を伝えた後にマッチしそうな非公開の優良企業を15社程度紹介してもらえました。

幅広い求人のニーズに応えてくれますので、働く上での条件等の希望はどんどん伝えた方がいいと思います。

転職エージェントMAN編集部
リクルートエージェントに関する評判・口コミで数多く見られるのが、「求人数が多く、幅広く紹介してくれる」点です。

実際に主要転職エージェント各社の求人数を比較して見ましたが、群を抜いてリクルートエージェントの求人数が多いことがわかります。

転職エージェント 求人数
リクルートエージェント 約110,000件
DODA 約100,000件
パソナキャリア 約30,000件
マイナビエージェント 約30,000件
Spring転職エージェント 約20,000件
type転職エージェント 約15,000件
JACリクルートメント 約15,000件

◯「年収アップが実現できた」

社内SE・30代前半・男性・年収700万台
おすすめ度:★★★★★ 5.0

企業には直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉代行してくれました。

年収が650万円から750万円にアップしただけではなく、社風や残業時間の詳細など気になる条件も入社前に細かく掲示していただき満足のいく転職ができました。

転職エージェントMAN編集部
2011年度のリクルートエージェント公表データにはなりますが、62.7%の方が転職で年収アップを実現しています。

年収アップ率を公表している転職エージェントが少ない中、包み隠さずに年収アップ率62.7%と公表しているリクルートエージェントは企業との年収交渉力に強く、年収アップが期待できる転職エージェントと言っていいでしょう。

他の転職情報サイトにおいても「リクルートエージェント経由で年収アップができた。」との評判・口コミが多数みられます。

下記は主要転職エージェント各社が公表している年収アップ率です。type転職エージェント、パソナキャリアに次いで、リクルートエージェントは業界第3位の年収アップ率です。

リクルートエージェント転職者の年収増減

リクルートエージェント転職者の年収増減

 

転職エージェント 年収アップ率
type転職エージェント 71.0%
パソナキャリア 67.1%
リクルートエージェント 62.7%
DODA 非公開
マイナビエージェント 非公開
Spring転職エージェント 非公開
JACリクルートメント 非公開

◯「企業の情報提供と面接対策のサポートが手厚い」

営業職・20代後半・男性・年収500万台
おすすめ度:★★★★☆ 4.0

書類選考通過後、事前にキャリアアドバイザーさんに模擬面接をしてもらいました。面接が苦手なため、あらゆる点で突っ込まれてしまいしどろもどろになりましたが、指摘された欠点は面接当日までに直しました。

本番の面接では上手く話せた結果、無事に内定をいただきました。客観的なアドバイスをもらえて、自分を見つめ直せたことが内定をもらえた主な理由かと思います。

転職エージェントMAN編集部
転職支援を1977年から今まで約40年間続けてきたリクルートエージェントは、数100以上もある転職エージェントのなかで「転職成功実績No.1」を誇ります。年間2万人以上の転職希望者を支援。

この圧倒的な実績・経験から得られた「書類選考を通過しやすい応募書類」や「企業がチェックしている面接のポイント」といった独自のデータやノウハウは、リクルートエージェント最大の武器となり転職希望者をサポートしてくれます。

この豊富な実績・データに裏付けられているからこそ、リクルートエージェントの転職サポートはビジネスマンからたくさんの支持を集めているのです。

また、下記の面接力向上セミナーは転職希望者からの満足度が高いので、面接が苦手な方には最適です。

面接力向上セミナー内容

面接力向上セミナーのサービス内容

リクルートエージェントのデメリットに関する評判・口コミ

リクルートエージェントのデメリットに関する評判・口コミは主に下記の2つです。

デメリット

  • ×「担当者の当たり外れがある」
  • ×「転職支援サービスの利用期間が決められている」

これらのデメリットに関する評判・口コミについて、公表データ・調査データを見ながら転職エージェントMAN編集部が客観的に1つ1つ解説していきます。

×「担当者の当たり外れがある」

販売管理・20代後半・男性・年収400万台
おすすめ度:★★★☆☆ 3.0

担当者のメールの返信が遅く、スムーズなやり取りができませんでした。一人で何人もの転職希望者を担当するので大変かと思いますが、面談時においても少し対応が事務的に感じられました。

転職エージェントMAN編集部
リクルートエージェントには、全国にベテランから若手のキャリアアドバイザーが約500名在籍しています。

人材業界最大の転職登録者数なので、一人で担当する人数が非常に多く、担当者によっては雑になってしまう傾向があるようです。

担当者との相性が合わないと感じた場合は、担当者の変更は可能ですのでキャリアを棒に振らないためにも必ず申し付けましょう。もし言い出しにくい場合は、他の転職エージェントを利用するなどして対策しましょう。

×「転職支援サービスの利用期間が決められている」

管理職・30代前半・男性・年収700万台
おすすめ度:★★★☆☆ 3.0

リクルートエージェントに登録しましたが、転職活動期間が長引いてしまい担当者が離れてしまいました。やはり転職エージェントを利用するからには短期決戦で挑むべきだと思います。

転職エージェントMAN編集部
リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3カ月程度を目安としています。

もちろん一度退会してから再度利用することは可能ですが、その場合は客観的な視野を広げるためにもリクルートエージェント1社に絞らずに他の転職エージェントを試してみてから少し時間を空けて再度利用してみましょう。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントの特徴

転職成功実績No.1

非公開求人数約100,000件。求人数の約90%が非公開求人

生の企業情報満載のAGENT Reportが利用可能

満足度99%。面接向上力セミナー

全国に面談拠点を展開。土日祝日や平日20時以降も対応可能

リクルートエージェントの特徴1:転職成功実績No.1

リクルートエージェント最大の特徴は何と言っても転職成功実績No.1

1977年の創業以来、累計約32万5,689名の転職を成功させてきた確固たる実績があります。(2014年3月末時点)

有料職業紹介事業者の中で、転職を実現した国内No.1転職エージェントとしての実績・転職ノウハウ・安心感・信頼感が、他の転職エージェントにはない強みです。

リクルートエージェントの特徴2:非公開求人数約100,000件。求人数の約90%が非公開求人

リクルートエージェントは企業の経営者や人事担当者とのパイプがたくさんあるため紹介してもらえる求人がとにかく多いです。

サイト上には掲載されていない非公開求人数は業界トップクラスの約100,000件。求人数の約90%が非公開求人となっています。

下記がリクルートエージェントが取り扱う求人の職種・業界となりますが、見て分かる通りほぼ全ての職種・業界をカバー。

それぞれの業界・職種に対する専門的な知識をもった全国総勢約500名の実績豊富なキャリアアドバイザーが、転職希望者一人一人のニーズに合わせた転職活動を親身になってお手伝いしてくれます。

リクルートエージェントが取り扱う業界・職種

リクルートエージェントが取り扱う求人の職種・業界

リクルートエージェントの特徴3:生の企業情報満載のAGENT Reportが利用可能

一人で応募する企業の情報を集めるのは、何かと大変ではありませんか?

特に企業内部の人間関係や社内の雰囲気は簡単に手に入る情報ではありません。

そんな時に最適なのが、リクルートエージェントの独自サービスとして提供しているAGENT Report(エージェントレポート)です。

AGENT Report(エージェントレポート)では、面接前後でのキャリアアドバイザーへの質問、業界分析から内定のための選考ポイントまで独自に収集・分析した生の情報が満載なので応募企業の情報収集が効率的にできます。

AGENT Report(エージェントレポート)サンプル

AGENT Report(エージェントレポート)サンプル

リクルートエージェントの特徴4:満足度99%。面接向上力セミナー

面接向上力セミナーは、面接時に「どんなことを聞かれるんだろう?」「どう答えればいいんだろう?」「面接がとにかく苦手...」という悩みを抱えている方におすすめのリクルートエージェント独自のセミナーです。

受講した方の面接通過率が35%もアップしており、受講者の99%がセミナーの内容に満足したと回答している人気のセミナーとなります。

こちらのセミナーはリクルートエージェントに登録した方のみを対象としており無料で受講可能です。

リクルートエージェントの特徴5:全国に面談拠点を展開。土日祝日や平日20時以降も対応可能

全国に面談拠点を展開。北海道(札幌)、宮城(仙台)、東京(丸の内・立川)、神奈川(横浜)、栃木(宇都宮)、さいたま(大宮)、千葉(千葉)、静岡(静岡)、愛知(栄)、京都(烏丸)、大阪(梅田)、兵庫(三ノ宮)、岡山(岡山)、広島(八丁堀)、福岡(天神)。

土日祝日や平日20時以降も対応可能。

平日は現職との兼ね合いで転職がなかなか進まない。」「面談拠点が近くになくて面談が困難。」という方に対してもキャリアアドバイザーが状況に応じて対応してくれます。

▼転職サポート申し込み(無料)はこちら▼

リクルートエージェントの得意な分野

リクルートエージェントの得意な分野を下記の一覧表でまとめていますのでご確認ください。

リクルートエージェントの得意な年代と年収層

年代と年収層 リクルートエージェント
20代
30代
40代~
400万円未満
~700万円
~1000万円
1000万円以上

リクルートエージェントの得意な業界

得意な業界 リクルートエージェント
IT業界
ゲーム業界
製造業界
金融業界
広告業界
コンサルティング業界
不動産業界
製薬業界
総合商社業界
飲食業界
アパレル業界 ×
外資系
エグゼクティブ・管理職
海外
会計・経理
女性

リクルートエージェントの得意な職種

得意な職種 リクルートエージェント
営業・セールス
経営企画・マーケティング
事務
物流・購買・貿易
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ(Webデザイナー・編集など)
システムエンジニア(SE)・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬

リクルートエージェントの登録〜転職成功までの流れ

転職エージェントMAN編集部
転職エージェントをスムーズに利用するためにも、転職エージェントの登録〜転職成功までの流れを理解しておきましょう。

具体的なサービス利用の流れは以下になります。

リクルートエージェント利用の流れ

  1. リクルートエージェント公式サイトから60秒で登録する
  2. 面談の日程調整
  3. 「対面 or 電話」で担当キャリアアドバイザーとの面談
  4. 求人提案を受ける
  5. 書類選考に応募する
  6. 企業との面接
  7. 内定獲得・転職成功

step
1
リクルートエージェント公式サイトから60秒で登録する

リクルートエージェント公式サイトから登録します。抜け漏れなく丁寧に情報を入力しましょう。

紹介してもらう求人の幅を広げたり、複数のキャリアアドバイザーから客観的な意見をもらって納得のいく転職をするために2社以上の転職エージェントに登録するのをおすすめします。

当サイト(転職エージェントMAN)から登録の多い転職エージェント

転職エージェントによってはサポートの特徴や取り扱う求人、キャリアアドバイザーの転職に関するアドバイス内容がそれぞれ異なります。一人のキャリアアドバイザーに頼って、アドバイスを全て鵜呑みにするのではなく、何人かのキャリアアドバイザーに頼りながら転職活動を進めていくのが納得のいく転職を成功させるためのコツです。

step
2
面談の日程調整

登録してから約3営業日以内に電話もしくはメールにて面談の日程調整に関する連絡がきます。キャリアアドバイザーは一人で複数人の転職希望者をサポートしており人気の優良求人はすぐに応募枠が埋まってしまうので、面談の日程はなるべく早めに設定して転職サポートしてもらうのがおすすめです。

step
3
「対面 or 電話」で担当キャリアアドバイザーとの面談

担当キャリアアドバイザーと直接会って、もしくは電話にて、あなたの転職に対する希望条件・職歴に関するヒアリングが実施されます。

転職エージェントMAN編集部
面談前に職務経歴書を送付しておくと、面談がスムーズにいきます。転職に対する希望条件(職種/業界・年収/給料・エリア・その他希望条件)も自分の中でシミュレーションしておきましょう。

step
4
求人提案を受ける

面談内容をもとに、求人を提案してくれます。登録者のみに紹介してくれる非公開求人や企業情報もあります。

転職エージェントMAN編集部
積極的に担当キャリアアドバイザーから転職サポートをしてもらい優良求人を紹介してもらうためには、あなたが自身が「転職市場価値の高い人材=転職意欲が高い人材=すぐに転職できる人材」だと思われることが大切です。

あなたの自己PR・得意分野・保有スキルを伝えると同時に、「自分に合ういい企業があれば、すぐにでも転職したいです。」とアピールしましょう。

「この人はすぐに転職できそう。」と担当キャリアアドバイザーに思われることができれば、手厚く転職サポートしてくれて積極的に魅力的な求人を提案してくれますよ。

step
5
書類選考に応募する

気になる求人があれば書類選考に応募します。応募書類である履歴書と職務経歴書は担当のキャリアアドバイザーが書類通過しやすいようにカスタマイズ添削してくれるので、積極的に担当のキャリアアドバイザーを頼って賢くを使いましょう。

優秀なキャリアアドバイザーはあなたの魅力を推薦状で上手くPRしてくれるので書類選考に通過する確率が一人で応募するよりもアップします。

step
6
企業との面接

書類選考に通過したら、次は企業との面接です。面接日程の調整は転職エージェントが代行してくれます。

また、希望があれば転職エージェントでは面接対策もしてくれますので気軽に相談しましょう。

step
7
内定獲得・転職成功

内定獲得・転職成功おめでとうございます。

内定後も担当のキャリアアドバイザーが年収交渉であったり、入社日交渉を代行してくれるので安心です。

転職エージェントMAN編集部
転職成功するためのコツは、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーがどれだけ積極的かつ協力的に動いてくれるかです。

あなたのことを転職市場価値が高く、すぐに転職できそうと判断してもらえれば、魅力的な好条件の求人を紹介してくれたり、企業にあなたの魅力を上手く伝えてくれるからです。

逆に転職が難しそうと判断されると、求人を積極的に紹介してくれなかったりレスポンスも遅くなったりしますので、その場合は他の転職エージェントを利用したり、転職エージェントに対する自己PRを改善したりしていきましょう。

リクルートエージェントを最大限活用するためのポイント

転職エージェントを最大限活用するためのポイント

  1. 転職エージェント利用の流れを理解しよう
  2. 転職意欲があり、いい企業があればすぐにでも転職したいと伝えよう
  3. 転職の希望条件(年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件)を明確に伝えよう
  4. 転職のキャリア面談をした後も2週間に1回は連絡を取ろう
  5. 転職がなかなか決まらなかったり、担当者が微妙な場合は「担当者 or 転職エージェント」を変更しよう

転職エージェントのビジネスモデルは、転職エージェントがサポートした求職者が転職に成功して、企業側から紹介手数料を受け取る成果報酬型のビジネスモデルとなります。

  1. 求職者が転職エージェントに登録
  2. 転職エージェントが求職者を転職サポート
  3. 求職者が企業に転職成功(※この時点ではじめて転職エージェントは企業から成果報酬として紹介手数料を受け取れます。)
転職エージェントMAN編集部
つまり求職者が転職に成功できないと、転職エージェントには売り上げが1円も入りません。

転職エージェント側の裏事情として「転職意欲がある人材」「転職がすぐに決まりそうな人材」「転職市場価値の高い人材」を転職サポートしたいと考えています。

そのためあなたは、登録した転職エージェントのキャリアアドバイザーから高評価をもらって積極的に転職サポートしてもらう必要があるのです。

転職エージェントから高評価をもらえる使い方を解説していきますので、転職エージェントに登録・面談を行う前に必ずチェックしておいてください。

転職活動は情報戦です。転職エージェントの使い方に関する知識を知っておくだけで、転職エージェントから高評価もらって手厚くサポートしてもらえるようになるので転職成功確率がグッとあがります。

①転職エージェント利用の流れを理解しよう

最初に当たり前ではありますが、転職エージェントを利用する前には転職エージェントの流れを必ず確認しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 担当から電話かメールで連絡が来る
  3. キャリアカウンセリングを行う
  4. 求人を紹介してもらう
  5. 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策を行う
  6. 企業との面接を行う
  7. 内定・入社のサポート

転職エージェントの流れをあまり理解していないで登録する転職希望者は意外と多く、簡単に流れを理解しているか否かで他人との差がつきます。

例えば、登録後に電話もしくはメールで転職エージェントの担当者から連絡が来ますが、電話でも連絡が来ることを頭の中に入れていないと動揺してしまい正常な対応ができないこともあります。

電話の折り返しが遅かったり、電話に出ないままでいると、転職意欲がないと思われてしまいあなたの転職サポートが後回しにされてしまいますので注意してください。

転職活動において効率的に企業から内定をもらうためには、転職エージェントの流れを理解してスケジュール感を持つことが重要です。

②転職意欲があり、いい企業があればすぐにでも転職したいと伝えよう

転職エージェントに登録した後に、電話もしくはキャリア面談時に「転職時期はいつ頃をお考えですか?」を必ず質問されます。

転職エージェントMAN編集部
この質問に対して、「すぐにでも転職をしたい。」と回答するのがベストです。

「半年後から1年後くらいに転職したい。」と回答してしまうと転職サポートが後回しになってしまうので、「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答するようにしましょう。

あなたの転職する意思が固かったり、転職希望時期が早ければ早いほど転職エージェントのキャリアアドバイザーから手厚い転職サポートが期待できます。

先ほどもお伝えしましたが、転職エージェントは転職希望者であるあなたを企業に転職させて、はじめて企業から紹介料として報酬を受け取る成果報酬型のビジネスモデルであるため、できるだけ転職する意思が固く転職に前向きな求職者(転職がすぐに決まりそうな人材)をサポートしたいと考えているからです。

「すぐにでも転職をしたい」「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答おけば、優先的にあなたに良い求人を紹介してくれて転職を手厚くサポートしてくれるでしょう。

③転職の希望条件(年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件)を明確に伝えよう

転職エージェントとの面談時には、あなたが希望する求人を的確に提案してもらうためにも転職を検討する上で大きなポイントである年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件を明確に伝えてください。

  • 年収/給料
  • 業界/職種
  • 勤務地
  • こだわり条件

この4つの希望を最初に伝えておけば、そこまで的外れな求人を紹介されることはありません。

また、面談時にあなたの強みであるスキルや経験に加えて、弱みも伝えておけば、あなたが活躍できる企業の求人案件を紹介してもらえます。

④転職のキャリア面談をした後も2週間に1回は連絡を取ろう

キャリアカウンセリングをした後に何社か求人を紹介されたけれども、希望する求人ではなかったため応募しなかった。その後は転職エージェントから何の連絡もなくなってしまった...という転職失敗ケースはたくさん見られます。

音信不通にならないためにも、2週間に1回はメールで構いませんので連絡を取ることをおすすめします。転職エージェントの担当者だけが求人探しに動くのではなく、自分からも進んで積極的に動いていきましょう。

以下のメールをそのまま送って構いませんので、転職エージェントのキャリアアドバイザーとの連絡を途絶えさせないようにしてください。

株式会社〇〇
〇〇様

お世話になります。〇〇です。

先日はキャリア面談にて貴重なお時間ありがとうございました。

キャリア面談にてお伝えさせていただいた通り、
・年収/給料
・業界/職種
・勤務地
・こだわり条件

の条件に当てはまる求人企業をご紹介いただければ、積極的に企業様へ求人応募し転職活動したいと考えております。

大変お手数をおかけしますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

⑤転職がなかなか決まらなかったり、担当者が微妙な場合は転職エージェントを変更しよう

転職エージェントに相談してから1~2ヶ月たったのに転職活動がなかなか進まなかったり、登録した転職エージェントの担当者が微妙な場合は転職エージェントを変更しましょう。

転職エージェントMAN編集部
転職に成功できるかどうかは、「担当者の提案力・サポート力」と「あなたと担当者との相性」がとても重要になってきます。

担当者の力量次第で転職が上手くいくかどうかが変わってきたりもするので、2~3社の転職エージェントを利用してみてあなたが優秀だと思えるキャリアアドバイザーに担当となってもらうのをおすすめします。

キャリアアドバイザーの中にはあなたのキャリアを考えないで無理やり強引に転職を勧めてくるキャリアアドバイザーもいますので、面談中には「一旦検討します。」と伝えて、他の転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職はあなたの今後のキャリアを左右されるので、「途中で変更するのは何だか申し訳ない...」などと転職エージェントに対して情をうつしてはいけないのです。

担当となるキャリアアドバイザーのキャリアコンサルティング力や転職成功者数の実績は、本当に1人1人異なります。

優秀なキャリアアドバイザーもいれば、残念ながら最悪なキャリアアドバイザーもいるのが事実です。

優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらい転職を成功させる方法ですが、複数の転職エージェントに登録して、その中からキャリアカウンセリングを通して優秀なキャリアアドバイザーを選択することです。

リクルートエージェントのまとめ

いかがでしたでしょうか。

リクルートエージェントは、担当キャリアアドバイザーによって評価の良し悪しが分かれますが、国内転職成功実績No.1ということもありサポートにおいて安心感抜群でおすすめの転職エージェントです。

幅広い求人を紹介してもらえて、他にはない独自の情報ツールが充実しているので、あなたが転職を考えているのであれば他の転職エージェントと掛け合わせてでも利用すべきです。

あなたが理想とする転職が実現できることを心から応援しています。

人気記事

1

転職初心者の方向けに、「転職エージェントを利用するとどんなサービスを提供してくれるのか?」について解説しています。 1から転職エージェントを理解して、上手に使いこなして転職を成功させましょう。 すぐに ...

2

転職したいけれども、具体的に何をすればいいのかわからない...。どの転職エージェントが20代におすすめなのかわからない...。転職エージェントがありすぎて、結局どれに登録すればいいのかわからない... ...

3

キャリアアップ転職や年収アップ転職を成功させるために、30代におすすめの転職エージェントを知りたい。どのように転職エージェントを選べばいいの? こういったことで悩んでいませんか? 30代の転職は人生の ...

4

「どのIT転職エージェントを選べばいいのかわからない...」「どの転職エージェントがITに強くておすすめなの?」と悩んでいませんか? IT業界の転職といっても、あなたの職種(営業・コンサルタント、エン ...

-評判・口コミ

Copyright© 転職エージェントMAN , 2019 All Rights Reserved.