転職エージェントおすすめ

Webデザイナー向けおすすめの転職エージェント5選

更新日:

Webデザイナー 転職エージェント

「未経験からWebデザイナーに転職したい。」「Webデザイナーとして、キャリアアップや年収アップするために転職したい。」「Webデザイナーとして、新しい環境やプロジェクトに参画するために転職したい。」

と思っていませんか?

この記事では、「未経験からWebデザイナーへ転職する方」「WebデザイナーからWebデザイナーへキャリアアップ転職する方」におすすめの転職エージェントをご紹介しています。

あなたの経歴・スキルによって利用するべき転職エージェントが異なりますので、最短でラクに転職するためにも、あなたにあったWebデザイナーに強い転職エージェントを選びましょう。

Webデザイナー未経験からの転職方法

ココに注意

最初に厳しいことをお伝えしてしますが、完全未経験(PCスキルなしの方や、Webデザインをした経験がない方のことをここでは指します)からWebデザイナーに転職することはほぼ不可能です。

未経験からWebデザイナーに転職したいのであれば、まず自分自身で独学をしておきましょう。

今ならWeb上での情報やWebデザインを学べるプログラミングスクールが充実しており、Webデザインが学べる環境が整っています。

企業との面接時に、「未経験からWebデザイナーに転職するために今何かしていますか?」と必ず質問されます。

「何もしていません。」ではほぼ100%不採用になってしまいますが、「独学でWebデザインを学んでいます。」と回答すればやる気があるとみなされて、内定をもらえる確率が高くなります。

ココがポイント

未経験からWebデザイナーに転職するための一番の近道は、Webデザイナーとしてのポートフォリオ(成果物)を用意しておく事です。

ポートフォリオを見れば、大体のスキルや、出来る内容と出来ない内容を把握できて企業とのミスマッチを防げるからです。

アピール材料となるポートフォリオさえあれば、「書類選考」と「面接」においては転職のプロである転職エージェントに対策をお願いすれば短期間でラクに転職できます。

ただ転職エージェントによっては、得意分野と不得意分野が異なるので未経験からWebデザイナーの転職に強い転職エージェントを選ぶことが大切です。

未経験からWebデザイナーの転職に強い転職エージェントは『ワークポート』です。

『ワークポート』は、未経験歓迎のWebデザイナー求人を多数取り扱っているため企業を選ぶ幅が広く、Webデザイナーの転職成功実績がたくさんあり、キャリアアドバイザーによる転職アドバイスが的確だからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、なるべく早くラクに転職したいのであれば『ワークポート』は登録必須です。

Webデザイナー向けおすすめの転職エージェント

Webデザイナー転職におすすめNo.1『ワークポート』

ワークポート

  • 未経験OKなWEBデザイナー案件多数
  • ワークポート利用者満足度97%
  • 転職相談から内定・入社まで、最短で2週間

Webデザイナーに転職したい場合に最もおすすめなのがワークポートです。「未経験歓迎」「未経験OK」のWebデザイナー求人を多数保有しており、あなたが希望する企業の求人が見つかる確率が高いでしょう。14年間の豊富な実績と転職決定人数No.1の実績があるので、安心したサポートが期待できます。

▼転職サポートの申込(無料です)はこちら▼

Webデザイナーの年収アップに最適!『レバテックキャリア』

レバテックキャリア

  • IT・Web系クリエイター専門の転職エージェント
  • 独自の高給与求人多数
  • 企業別に対策してもらえるので内定率が高い

親身な転職サポートで年収アップの転職支援に強いのがレバテックキャリアです。Webデザイナーとしての市場価値を上げられるように、あなたの強みとスキルをアピールして企業側に提案してくれます。利用者数実績は10万人以上。登録求人数は4,000件以上です。

職務経歴・経験はシビアにみられるので、現場経験のあるWebデザイナーの方のみにおすすめです。未経験者は求人を紹介してもらえません。

▼転職サポートの申込(無料です)はこちら▼

Webデザイナー東京在住の場合『ギークリー』

ギークリー

  • IT・Web・ゲーム業界に特化
  • 6,000件以上の非公開求人
  • 精度が高いマッチングに定評あり

IT・Web・ゲーム業界に特化し、東京の大手企業の求人を中心に取り扱っているのがギークリーです。求職者が希望する企業とのマッチング精度が高いと評判のある転職エージェントなので、あなたが求めているWebデザイナー求人を紹介してもらえるでしょう。

リクルートキャリア社が主催する転職エージェントランキングにて、紹介求人案件満足度、カウンセリング・対応満足度の部門で1位を獲得。

▼転職サポートの申込(無料です)はこちら▼

Webデザイナー転職したいけど、どれに登録すればいいのかわからない『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

  • 業界最大手の転職エージェント
  • Webデザイナー職の転職にも強い
  • Webデザイナーに精通した専任のキャリアアドバイザーが転職をサポート

どれに登録すればいいのかわからない場合におすすめなのがリクルートエージェントです。転職成功実績は国内No.1ですので、転職ノウハウの量が他のエージェントを圧倒しています。

Webデザイナーの転職においてもWebデザイナーに精通しているキャリアアドバイザーが1対1でフルサポートしてくれます。

▼転職サポートの申込(無料です)はこちら▼

Webデザイナー求人をたくさん提案してくれる『doda』

doda

  • Webデザイナーの求人を幅広く提案してくれる
  • 業界の動向や、社風や現場の雰囲気、企業の方向性の情報まで提供
  • 応募書類の書き方指導や、万全の面接対策

dodaは日本最大級の求人数を保有し、たくさん求人を提案してくれるスタイルの転職エージェントです。あなたが希望するWebデザイナーの求人がない場合でも、非公開求人の中から探してくれます。

日本全国に面談拠点を構えているのもdodaの特徴です。

▼転職サポートの申込(無料です)はこちら▼

Webデザイナーが転職エージェントを最大限活用する5つの方法

転職エージェント利用する際の注意点

  1. 転職エージェント利用の流れを理解しよう
  2. 転職意欲があり、いい企業があればすぐにでも転職したいと伝えよう
  3. 転職の希望条件(年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件)を明確に伝えよう
  4. 転職のキャリア面談をした後も2週間に1回は連絡を取ろう
  5. 転職がなかなか決まらなかったり、担当者が微妙な場合は「担当者 or 転職エージェント」を変更しよう

転職エージェントのビジネスモデルは、転職エージェントがサポートした求職者が転職に成功して、企業側から紹介手数料を受け取る成果報酬型のビジネスモデルとなります。

  1. 求職者が転職エージェントに登録
  2. 転職エージェントが求職者を転職サポート
  3. 求職者が企業に転職成功(※この時点ではじめて転職エージェントは企業から成果報酬として紹介手数料を受け取れます。)
転職エージェントMAN編集部
つまり求職者が転職に成功できないと、転職エージェントには売り上げが1円も入りません。

転職エージェント側の裏事情として「転職意欲がある人材」「転職がすぐに決まりそうな人材」「転職市場価値の高い人材」を転職サポートしたいと考えています。

そのためあなたは、登録した転職エージェントのキャリアアドバイザーから高評価をもらって積極的に転職サポートしてもらう必要があるのです。

転職エージェントから高評価をもらえる使い方を解説していきますので、転職エージェントに登録・面談を行う前に必ずチェックしておいてください。

転職活動は情報戦です。

転職エージェントの使い方に関する知識を知っておくだけで、転職エージェントから高評価もらって手厚くサポートしてもらえるようになるので転職成功確率がグッとあがります。

①転職エージェント利用の流れを理解しよう

最初に当たり前ではありますが、転職エージェントを利用する前には転職エージェントの流れを必ず確認しておきましょう。

転職エージェント利用の流れ

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 担当から電話かメールで連絡が来る
  3. キャリアカウンセリングを行う
  4. 求人を紹介してもらう
  5. 履歴書・職務経歴書の添削、面接対策を行う
  6. 企業との面接を行う
  7. 内定・入社のサポート

転職エージェントの流れをあまり理解していないで登録する転職希望者は意外と多く、簡単に流れを理解しているか否かで他人との差がつきます。

例えば、登録後に電話もしくはメールで転職エージェントの担当者から連絡が来ますが、電話でも連絡が来ることを頭の中に入れていないと動揺してしまい正常な対応ができないこともあります。

電話の折り返しが遅かったり、電話に出ないままでいると、転職意欲がないと思われてしまいあなたの転職サポートが後回しにされてしまいますので注意してください。

転職活動において効率的に企業から内定をもらうためには、転職エージェントの流れを理解してスケジュール感を持つことが重要です。

②転職意欲があり、いい企業があればすぐにでも転職したいと伝えよう

転職エージェントに登録した後に、電話もしくはキャリア面談時に「転職時期はいつ頃をお考えですか?」を必ず質問されます。

転職エージェントMAN編集部
この質問に対して、「すぐにでも転職をしたい。」と回答するのがベストです。

「半年後から1年後くらいに転職したい。」と回答してしまうと転職サポートが後回しになってしまうので、「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答するようにしましょう。

あなたの転職する意思が固かったり、転職希望時期が早ければ早いほど転職エージェントのキャリアアドバイザーから手厚い転職サポートが期待できます。

先ほどもお伝えしましたが、転職エージェントは転職希望者であるあなたを企業に転職させて、はじめて企業から紹介料として報酬を受け取る成果報酬型のビジネスモデルであるため、できるだけ転職する意思が固く転職に前向きな求職者(転職がすぐに決まりそうな人材)をサポートしたいと考えているからです。

「すぐにでも転職をしたい」「いい企業があればできるだけ早く転職したい。」と回答おけば、優先的にあなたに良い求人を紹介してくれて転職を手厚くサポートしてくれるでしょう。

③転職の希望条件(年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件)を明確に伝えよう

転職エージェントとの面談時には、あなたが希望する求人を的確に提案してもらうためにも転職を検討する上で大きなポイントである年収/給料・業界/職種・勤務地・こだわり条件を明確に伝えてください。

  • 年収/給料
  • 業界/職種
  • 勤務地
  • こだわり条件

この4つの希望を最初に伝えておけば、そこまで的外れな求人を紹介されることはありません。

また、面談時にあなたの強みであるスキルや経験に加えて、弱みも伝えておけば、あなたが活躍できる企業の求人案件を紹介してもらえます。

④転職のキャリア面談をした後も2週間に1回は連絡を取ろう

キャリアカウンセリングをした後に何社か求人を紹介されたけれども、希望する求人ではなかったため応募しなかった。その後は転職エージェントから何の連絡もなくなってしまった...という転職失敗ケースはたくさん見られます。

音信不通にならないためにも、2週間に1回はメールで構いませんので連絡を取ることをおすすめします。転職エージェントの担当者だけが求人探しに動くのではなく、自分からも進んで積極的に動いていきましょう。

以下のメールをそのまま送って構いませんので、転職エージェントのキャリアアドバイザーとの連絡を途絶えさせないようにしてください。

株式会社〇〇
〇〇様

お世話になります。〇〇です。

先日はキャリア面談にて貴重なお時間ありがとうございました。

キャリア面談にてお伝えさせていただいた通り、
・年収/給料
・業界/職種
・勤務地
・こだわり条件

の条件に当てはまる求人企業をご紹介いただければ、積極的に企業様へ求人応募し転職活動したいと考えております。

大変お手数をおかけしますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

メールを送っても返信メールが来ないことがあります。

その場合は、あなたが担当のキャリアアドバイザーからあまりいい印象を持たれていないことがほとんどで、メールを待っていて期待してもいい求人を紹介してくれることはありませんので、別の転職エージェントに切り替えましょう。

⑤転職がなかなか決まらなかったり、担当者が微妙な場合は転職エージェントを変更しよう

転職エージェントに相談してから1~2ヶ月たったのに転職活動がなかなか進まなかったり、登録した転職エージェントの担当者が微妙な場合は転職エージェントを変更しましょう。

転職エージェントMAN編集部
転職に成功できるかどうかは、「担当者の提案力・サポート力」と「あなたと担当者との相性」がとても重要になってきます。

担当者の力量次第で転職が上手くいくかどうかが変わってきたりもするので、2~3社の転職エージェントを利用してみてあなたが優秀だと思えるキャリアアドバイザーに担当となってもらうのをおすすめします。

キャリアアドバイザーの中にはあなたのキャリアを考えないで無理やり強引に転職を勧めてくるキャリアアドバイザーもいますので、面談中には「一旦検討します。」と伝えて、他の転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職はあなたの今後のキャリアを左右されるので、「途中で変更するのは何だか申し訳ない...」などと転職エージェントに対して情をうつしてはいけないのです。

担当となるキャリアアドバイザーのキャリアコンサルティング力や転職成功者数の実績は、本当に1人1人異なります。

優秀なキャリアアドバイザーもいれば、残念ながら最悪なキャリアアドバイザーもいるのが事実です。

優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらい転職を成功させる方法ですが、複数の転職エージェントに登録して、その中からキャリアカウンセリングを通して優秀なキャリアアドバイザーを選択することです。

まとめ

Webデザイナーの転職支援に強い転職エージェントをご紹介させていただきました。

ここでご紹介している転職エージェントは全て無料で利用できますので、転職する・しないに関わらず、まずは登録してキャリア相談してみましょう。

相談することで、新しい視点からのキャリアアドバイスやあなたの強みやアピールポイントを整理できるのでおすすめです。

人気記事

1

転職初心者の方向けに、「転職エージェントを利用するとどんなサービスを提供してくれるのか?」について解説しています。 1から転職エージェントを理解して、上手に使いこなして転職を成功させましょう。 すぐに ...

2

転職したいけれども、具体的に何をすればいいのかわからない...。どの転職エージェントが20代におすすめなのかわからない...。転職エージェントがありすぎて、結局どれに登録すればいいのかわからない... ...

3

「キャリアアップ転職や年収アップ転職を成功させるために、30代におすすめの転職エージェントを知りたい。どのように転職エージェントを選べばいいの?」といったことで悩んでいませんか。 転職エージェントMA ...

4

「どのIT転職エージェントを選べばいいのかわからない...」「どの転職エージェントがITに強くておすすめなの?」と悩んでいませんか? IT業界の転職といっても、あなたの職種(営業・コンサルタント、エン ...

-転職エージェントおすすめ

Copyright© 転職エージェントMAN , 2019 All Rights Reserved.